スポンサーリンク

パソコンのOSについて

OSはオペレーティングシステムの略称ですが、パソコンを動かす時に必ず必要になるソフトウェアです。パソコン選びとも関わり、パソコンを理解するのに知っていて損はない基本的な内容ですので紹介します。

 

OSの役割はパソコンの制御をするシステム的なソフトウェアといえます。OSはハードディスクにインストールされており(もしくはCDやDVDメディアなどからユーザーがハードディスクにインストールする)、パソコンの電源を入れた後にパソコン本体の内部の機器やマウス、ディスプレイなどの機器を制御します。

 

OSの種類

OS(オペレーティングシステム)はパソコンを動かすのには必須となるソフトウェアですが、代表的な3つを紹介します。

 

Windows

世界シェアNo.1でマイクロソフト社が販売するOS。

 

パソコン本体は各メーカーが製作している。

 

MacOS

Apple社が販売するMACパソコンに搭載されていうOS。OSとパソコンメーカーが一致している。日本の出版業界でのシェアが高い。

 

Linux

OS価格が高く、個人でのパソコン購入が困難だった時代にスウェーデン人のリーナス・トーバルズという人物が汎用系コンピュータのUNIXというOSと操作性を同じにした内容で無料でかつプログラムコードを公開する前提で1人でOS開発をはじめた伝説のOS。インターネット上や書籍購入時のメディアなどに付属しているので無料で入手ができる。

 

その後、その心意気に賛同した無償参加メンバーによってOSとして完成することになり、様々な機能が追加されて、今では数多くの企業でも使用されている。また非営利のサポート団体など数多く存在します。

 

日本でもトロンといった優秀なOSが開発されていましたが、アメリカからの圧力やバブル崩壊後の開発研究費を削減するといった状況においてアメリカのマイクロソフト社によるウインドウズが世界シェアを獲得する事となりました。

 

アプリケーションはOS毎に専用に作られるのでWindows用に作られたアプリケーションをMacにインストールするといった事は不可能です。

スポンサーリンク

トップへ戻る