パソコンのインターネットへの接続方法

パソコンの比較購入と活用ナビ

スポンサーリンク

インターネットへの接続

インターネットをするためにパソコンを購入するひとも多いかと思います。インターネットに接続するための条件やネットワークについての説明をします。

 

インターネットへ接続するためにはプロバイダ契約と回線接続契約を行い周辺機器や配線、PCの設定などが必要になります。今から購入するパソコンやノートパソコンには必ずLANポートがついてますので、

 

LANポートを使っての有線接続

ワイヤレスLANを使う形式の無線接続

データ通信カードを使っての無線接続

 

から選ぶことになります。
(ダイアル回線という接続方法もありましたが、今後は無くなっていくのが前提の接続方法です)

 

昔はデスクトップパソコンにLANカードは標準では付いていませんでした。インターネットをする人や、ローカルネットワークを構築する人が後から購入するような状態でしたが、インターネットの爆発的な普及によってLANポートがマザーボードに標準で付いてくる時代になっています。LANポートが付いてないパソコンなど売れないほど、標準の機能になったのです。

 

LANポート

プロバイダと回線接続契約で自宅までデータがくる状態にして、ルータとパソコンのLANポートをLANケーブルで接続する形です。一番一般的な配線ですが、複数のパソコンの接続などでは配線がごちゃごちゃするため、無線LANの需要も高まってきています。

 

ワイヤレスLAN

プロバイダと回線接続契約で自宅までデータがくる状態にして、親機である無線LANルータとパソコンの無線LANアダプタでインターネットと接続します。パソコンに無線LANアダプタが内臓されていない場合は、外付けの付属品があればそれを使うか、無ければ購入する必要があります。

 

複数台のパソコンやプリンターを接続する際にLANケーブルがごちゃごちゃするのが嫌な場合は無線LANにすると非常にすっきりします。
(ある程度の値段の最新モデルのノートPCはほぼ標準で無線LANアダプタが付いています。必要なのに付いてない場合はUSBタイプの拡張アダプタを別途購入すれば、簡単に拡張も可能です)

 

データ通信カード

プロバイダとデータ通信カードの契約で接続するタイプです。データ通信カードやスマートフォンをUSBポートに接続する形になります。

 

接続の設定はマニュアル通りに行えばそれほど難しくないですが、機械が苦手な人にとっては苦戦するかもしれません。プロバイダ契約の際に設定してもらうか、有料のサポートなどに依頼する必要があります。

 

インターネット接続に必要なプロバイダ契約は新規契約にとてつもなくビッグな赤字キャンペーンをしてくれています。契約の手順などが面倒でないなら2年後とあたりで乗り換えをしつづければ、驚愕の商品をもらい続けることも可能です。

スポンサーリンク

トップへ戻る