パソコンの内部構造と性能やスペック

パソコンの比較購入と活用ナビ

スポンサーリンク

パソコンの内部構造について

CPUやメモリ、ハードディスクといったパソコンを買う場合に性能や容量のスペック比較をする部分以外にも、知識として知っておきたいパーツはあります。自作パソコンを作らないとお目にかからない部分ですが、パソコンの拡張性ともつながる知っておいて損はない知識とも関連します。

 

デスクトップパソコンの例で、本体の箱を開けると目につくのが電源ユニットとマザーボードです。

 

この2つにCPUやメモリやハードディスク(SSD)などが配線されて、取り付けられています。

 

主要なパーツ

ハソコンを動かして性能やスペックと大きく関係する主要パーツの解説です。

 

電源ユニット

そのパソコンで使用できる電力値を決める装置です。ハードディスクなどは電源ユニットに配線でつながっています。この電源ユニットの性能値を超えた電力をパソコンが使うと、パソコンが不安定になり電源が落ちたりします。

 

マザーボード

CPUやメモリなどのパーツを接続してパソコンと動かすための基盤装置です。一般的に緑色のボードです。このマザーボードとそこに配置されたパーツによってそのパソコンが何をすることができて、何を拡張することが出来るかを決めることになります。

 

6文字にかかわらず「マザボ」と略されます。

 

あえて詳しくは知らなくても「マザボ」でしょ「マザボ」と言ってみると理解している人には十分通じます。

 

パソコンの性能値はCPUのクロック数、メモリのクロック数、ハードディスクの転送速度などの他に、マザーボードのBUS速度などで決まってきます。一つの処理に複数の装置が動きますので、一つの処理だけがずば抜けて早いと、他が待たされる事によって、その性能を活かしきれません。また、それぞれのパーツの規格やバージョンをうまく組み合わせないと本来の最大パフォーマンスで動かないことになります。

 

メモリ

メモリは記憶媒体となっていて、プログラムがロードされて実行される場所でもあります。

 

容量が多くなればなるほど高価になります。速度的な性能もメーカーや製品によっていろいろと変わってきます。

 

ハードディスクやSSD

ストレージと呼ばれる記憶媒体で、パソコンに電源が入ってなくてもデータは保持され続けます。

 

OSやアプリケーションなどのプログラムや各種のデータが格納されています。

 

ハードディスクとSSDの速度を比べると圧倒的にSSDの方が速いですが、2つを同じ値段で比較すると容量はハードディスクに軍配が上がります。

 

補助的なパーツ

主要なパーツに対して補助的な役割をしているパーツに関しての説明です。

 

CPUファン

CPUが演算処理をする際には大量の熱を発します。ファンがないとオーバーヒートしますので、冷却する装置が必要です。空冷式と水冷式があり、水冷式はファンが回らないので比較的静穏と言われています。

 

グラフィックカード

グラフィック(表示)を制御するためのメモリを積んだりしている拡張カードです。3Dのような特殊演算が必要で、大画面でなめらかに高フレームレートでの表示をする場合にはグラフィックカードのメモリ容量と処理速度が必要になります。

 

マザーボードにオンチップで付属している場合はグラフィックカードがなくても動くパソコンもあります。その場合はグラフィックのために使うメモリは、パソコンのメインメモリが共有されて使われて処理されます。

 

サウンドカード

音にこだわる場合にはサウンドカードの性能が重要です。スピーカーと組み合わせて自宅でも最強の音源を作り出すことも可能です。

 

こちらもマザーボードにオンチップで付属している事が多いです。

 

ドライブやポートのスロット数

マウスやキーボード、USBメモリを接続するためのUSBメモリポートはマザーボードがいくつ用意しているかにかかわってきます。SDカードのスロットやマイクやイヤホンの入出力などもマザーボードに依存しています。

 

昔はフロッピーディスクドライブが存在しましたが、時代の流れとともになくなりました。拡張メモリデバイスとしてはZIPドライブなどもありましたが、これも姿を消しています。これはネットワークの仕組みが普及しLANでのやり取りが便利になったからです。USBメモリ、SDカード、microSDカードなどはデータの移動に使用されています。

 

その他の機能

BluetoothやWifiの機能についても最初からマザーボードに搭載されているかどうかでその機能が最初から使えるかどうかが決まります。

スポンサーリンク

トップへ戻る